つくること
たべること

ひびのこと
いろんなこと






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夏の旅
七月も終わりに近いある日 突然に決まった家族旅行
これにの乗り込んで向かった先は高知県〜
陸路だけで目指せば半分以下の時間で着くんだけども
車のシートの上じゃあこの自由度は得られないものね
最近めっきりチャイルドシート嫌いな娘がすぐさま
グズリ出すのは目に見えるし…乗船の前日でも予約できるし
時間さえ許されれば 子にも母にも優しい海路もオススメ!
夕暮れ時の出港〜船旅なんて十数年ぶり!ワクワク
翌朝〜目覚めてデッキに出れば まだ三重県あたりの海の上
二等なのに個室でなかなか快適♪持ち込んだエアベッドも大活躍
お昼過ぎ 徳島に到着〜そこからは車で高知を目指し
乗船から丸24時間かけて四万十に到着!
早速 翌日からグラスボートに乗って
ちょっぴり怖々しながら
珊瑚礁やお魚見たり
途中でちょっと停泊して
無人島を探索中〜フナムシぞろぞろ
どこを訪れてもホントに素敵な場所なのに
どこへ行っても貸切り状態…
念願の海!子供たちは人生初の海水浴
ビーチも数えるくらいしか人がいない
民宿は素泊まりだったから 朝ごはんは高知名物(?)モーニング
どこに入っても大体このセット…パンorおにぎり
パンにもお味噌汁…まるで我が家の朝ごはん
これからは高知スタイルと呼ぼう^^
モーニングから帰ったら…
川!川といえば四万十川!
シーン…
シーン…やっぱり貸切り
屋形船で川下り
乗船客は我らだけ
落ちるぞ〜
ちょっくら停泊して川遊びを楽しんだら日陰の下でひと休み
船頭さんが目の前で揚げてくれたのは…
手長エビ!カリカリで旨かった〜
夜には知人宅にお邪魔してドラマー気分も初体験
おもちゃと化す太鼓やギターたち
毎日が絵葉書みたいな空と光りで
いっぱい美味しい空気を吸い込んで
カラダ中の酸素が入れ替わった感じ
すっかり海水浴の味もしめて 
夕暮れの海でも唇が青くなるまで出たがらず…
あっという間の4日間は終了〜
また船に揺られて遥々帰るのよー
往復でいったい何杯食べた?船上讃岐うどん
初体験がてんこ盛りの五歳の夏…楽しかったね
また絶対行こうね〜って指切りげんまん
次行く時はもうひとりクルーが増えてるから兄ちゃんよろしくね
三度目の妊婦生活もぼちぼち折り返し地点。。。
母ちゃんだってしっかり(今のうちに!)夏休み満喫♪
まだまだ楽しむぞ〜
旅先での海あそび+川遊びと オリンピックも手伝って
ついにスイミングデビューの息子
こちらも人生初の習い事。。。頑張ってね♪



日々 comments(3) -
あ・つ・い・・・
ついに梅雨明けも告げられて うれしいけれど暑い!!
ホントに毎日暑い〜〜〜
おそらく暑さのせいと思われますが
思考能力が一気に低下している近頃です

出掛けた先のクーラーの効いた場所で「たまにはひとりでランチでも…」と思い
なに食べようかな〜♪などとあれこれ想像を膨らませていても
一歩外に出るとさっきまでの食欲は何処へやら…
勝手に眉間にシワがよって「・・・」となるのが悲しい季節;;

でも夏が大好き◎

梅雨明けを待たずして こどもたちの保育園では夕涼み会
毎夏恒例 ビニールプール@実家バルコニーも解禁
暑い日はこれに尽きるね
お昼ごはんもおやつもプールに浸かったまま食べるふたり
妹さんは何度も手にしたパンを水没させてましたけど…
母が作った梅シロップのソーダ割り啜りつつ
パラソルの下で監視中…時々 自分も足だけ浸かったりしつつ
もう久しくご無沙汰の青い海に思いを馳せる…はぁ海よ!
出産予定日が間近のお友達に安産祈願の念をこめて
遠くは九州宮崎へと旅立って行ったパンたち
かなりギリギリになってしまったので 生地をこねつつも
(もう今頃産まれちゃってやしないか…)とハラハラドキドキ
でも無事に間に合って ちゃんと食べてもらえてひと安心!
かぼちゃのフォカッチャ
シナモンとレーズンのベーグル
トマトとハーブ
あとは赤ちゃんを待つばかりだね!がんばれ〜!!!
現在発売中の『tocotoco』に母子三人でちょこっと載りました
この中の酵素シロップの記事を読んでいたら自分でも作りたくなり…
パンの酵母起こしはお馴染みだけど シロップ作りは未体験
夏バテ対策も兼ねてチャレンジしてみようかなぁ☆

日々 comments(2) -
今日にもの想ふ
放置したままの日々の記録

パソコンの調子が悪いだの  自分の体調が優れないだの
なんだかんだ言ってるうちに早三ヶ月…ひゃぁ
季節もすっかり変わってしまった
この数日の間 子供たちの誕生日が続き
息子は五歳に そして今日で娘は二歳…ひゃぁ 早いっ

今朝 ベランダで洗濯物を干しながら ちょうど二年前のことを思い返していた

 わずかに朝の光りが差し込む産院の静かな部屋で
 無事にお産が済んだ安堵感に包まれながら 小さな呼吸を感じていた
 胸の上にのせられた まだへその緒も繋がったままの生暖かい娘の身体は
 あまりにも小さく 頼りなく 時々胸の上からずり落ちそうになるのを
 どのくらいチカラを入れていいものか戸惑いながら支えては直した

 小さな手のひらに指先を持って行くとギュッと握って来るあの感触
 胎脂が残ったままの頭やほっぺの匂い
 いかにも動物っぽい動きでおっぱい探すしぐさ

 ボーッとしているような 覚醒しているような不思議な感覚のまま
 しばらくの間 ふたりっきりで過ごしたあの日のあの時間
 思い出すことは時々だけれども 二年経った今でも
 それは色褪せることなく リアルに 愛おしくよみがえる
ふと部屋の中に目をやると 一丁前に椅子に座って朝食のパンを齧る娘の姿が
あの日のあの小さな生暖かい生き物が この目の前の彼女になったのかと思うと
記憶が上手く繋がらず 「え…いつの間に??」と信じ難い気持ちになる

あたりまえだけど この二年間 自分も同じ時空で時を重ねて来たはずなのに
こどもの成長っぷりを思うと その猛烈な速度に とても同じ次元を生きていたとは
信じ難く…なんだか自分だけが取り残されたような感覚さえ覚える

成長というより進化だと思う…
お腹ポッコリのムチムチしたあどけない姿だけれど
毎日チューするほっぺも ムギュムギュ抱きしめる身体も
そのすぐ下には 着実に 決して止まることなく猛スピードで
分裂を繰り返す細胞たちがうごめいているんだね…

ひゃぁ スゴイ!
そういうことを思う時には決まって自分の使命感を思い知らされる
そして 我が子とは自分で産んだことには変わりないけれど 
天からお預かりしているものだ…という話しを思い出す

意味あって 空の上から自分を母親として選んでやって来た彼らたち
共に暮らし 目の前で繰り広げられる日々の全ては 
どんな些細なことひとつとっても自分に与えられた必然なんだということ
そしてそれら全てに感謝すべきだということ

そいうことを忘れちゃならんのだと 改めて思う今日という日
おたんじょうびおめでとう!!!
そしてわたしをえらんでくれてありがとう
こんなおかあさんだけど がんばるわん
これからもよろしくね
こちらも細胞分裂する生き物たち
しばらくお休み中だったパン焼きもボチボチと再開の近頃
好きなものをのせて…
ジャムだけ舐める人
眺めてから食べる人

日々 comments(4) -
週末
先週は家中の(って言っても2つだけど)暖房器具をしまう
床を這っていたガスホースやコードが無くなってスッキリ♪
日ごとに出番が減っていたコートやダウンも もういいかな…

気が早いけど こうやって冬のものたちをしまうごとに
今年も夏がやって来るんだな〜とうれしくなる
が。。。そういったそばから今日は寒い。。。ちょっと早まった?!
またずるずるとヒーターを引っぱり出して来ようか悩んだけれど
それも悔しいので とりあえず厚着をして凌ぐことに

週末ごとに堪能したお花見も 昨日はもう葉桜になっていたけれど
それはそれで これからやって来る新緑の季節を彷彿させられて…またいいものだった◎
保育園仲間たちと賑やかに近所の川原へ
一品持寄りには小さなツナマヨぱんをゴロゴロ焼く
最近 フレッシュな季節らしく酵母も新しく起こしたから
焼けたパンも無垢な香りと味わい…

毎朝くぐる桜のトンネルもすっかり空が透け々けになってしまい
残念そうに見上げる息子に『こうやって散っちゃうから また来年咲いてくれた時に 
わぁキレイだなぁうれしいなぁって思うんだよ』と話すと
“なぜなに星人”真っ盛りの彼にはやっぱり『なんでー?』と返された

もしも一年中この桜が散ることなく咲き続けていたらどんなだろう…
散るからこそに美しい っていう感覚や 儚さを知る故に味わえる感動
それを上手く説明する言葉はとっさには見つからなくて 
いつものように『なんでだろうねぇ』と切り返しながらピンク色の道路を走った
もし上手に答えていたとしても必ず『なんでー?』って来るんだろうけどね

お互いをランドセルの時代から知っている友人が赤ちゃんを産んだので
やはりランドセル仲間だった懐かしい面々と集って面会に出掛けた
中には十数年ぶりに再会する友人もいてちょっとした同窓会のよう

母となった友人は昔からあんまりキャーキャー騒がないクールなタイプ
歳の離れたお姉ちゃんがいたからか 大人っぽい音楽もいっぱい知っていて
当時 彼女から貸してもらったカセットをダビングしては繰り返し聴いた
どこか大人びた雰囲気でガキっぽい男子を鼻で笑っていたような彼女…

新生児室のガラス越しに 一緒に並んで我が子を見る横顔に
『やっぱり自分の子が一番カワイイでしょ?』とあたりまえの質問をすると
『うん カワイイ』と照れつつも素直に即答する彼女がとても可愛かった

懐かしいうれしい思いを胸に 家に帰ってからも余韻に浸っていると
一緒に行った友人から届いたメッセージ…
『小さな命がみんなを会わせてくれたね』という内容に改めてジーンとする
まだまだまっさらで儚い姿だけど その内には無限を秘めているのね
これからはクールな母ちゃんをたくさん驚かせてあげるのだよー!
おめでとーぱん&クッキー 
おっぱいにも優しい仕立てなり♪

日々 comments(0) -
春の嵐
娘も保育園に通うようになって五日目
予測はしていたものの 朝起きてから登園が済むまでの三時間は
まさしく嵐のよう!…いや 嵐のような私…か

そんな私をよそに至って悠々マイペースな我が子たち
一体毎日『早くっ!』の台詞を何十回放っているのだろう。。。
叱らずに見守る/急かさずに待つ という育児のありかたを聞くけれど
見守るけど叱る/急かしても待たされる というのが今の我が家

もし彼らを叱らずに見守り 急かさずに待っていたならば
間違いなく玄関を出る頃には日が暮れているだろう
毎朝車のガラス越しに見上げる桜の木
夕方迎えに行く時には明らかに朝よりもピンクの群集が増えている
日に日に花開くっていうよりも刻々と咲いていくよう

この花たちが若葉に変わる頃には 嵐もそよ風くらいになってるといいなぁ


日々 comments(5) -
あたらしく
やっぱり予想通りに いや それ以上に足早に過ぎて行った三月
慌ただしくもギュギュっと濃く充実の日々でありました
友人の引き菓子も無事に完成し パーティーにも一家で参加
電車に乗るのも結婚式も都会もオシャレなお店も久しぶりで…
身軽に暮らしていたほんの数年前のことが遥か昔のことのよう
(たまには都会もいいなぁ 今度は身軽で行こう!)と思い
アタマの中で行きたい場所リストを製作中♪
こどもたちもそれぞれに成長を見せてくれる毎日

園生活からいろんな情報を仕入れては活用している兄ちゃん
最近は自分のことを『オレ』なんて呼ぶようになっちゃって
(プププ…俺だって!)と思いつつも 『うるせーよ』なんて
言い出す日もそう遠い日ではないことを思わされる
まだまだ『抱っこー』なんて余裕で言って来るけれど
そのうち抱っこもさせてくれなくなるんだろうな〜
でも嫌がられてもチューとかムギューってしちゃいそう!
(夫はいまだに 幼心に母親のそれがものすごく嫌だったと 
 ホントに嫌そうな顔をしながら話すけど。。。)
妹さんはついに「おっぱいバイバイ」の儀式を迎え
こちらが拍子抜けしてしまうほどにあっさりと終了
二度目の卒乳ともなると センチメンタルな気持ちに陥りつつも
年々拍車のかかる体力低下のせいで 夜泣きに起きることなく
朝を迎えられる「楽さ加減」に喜びもひとしおの母
今では寝像の悪いふたりに挟まれつつも快眠を堪能しております
そして今朝からはふたり揃っての登園
まっさらな園服に袖を通してテンションの上がる娘の姿に
あっという間にここまで大きくなってしまったものだと
改めて成長の早さを知るのでした

特別あたらしいことが起こったわけではなくても
ただ陽を浴びて風にあたるだけで新鮮な気持ちになれるこの季節
いろんなことが初めてだった場面の記憶を辿りながら
日々を大切に紡いでいきたいと思う

日々 comments(4) -
ガーリックデイ
4年にいっぺんだけやってくる うるう年の今日
2.29でニンニクの日だと さっきからラジオが言っている
ふーん そうなんだ…
 
昨夜から雪がわんさこ降って 積もって まだ今も降り続いているけれど
明日から3月 まだまだ全然寒いけど やっとやっと春が来る

ひとつのことが終わる区切りの月であり
あたらしいことの始まりを待つ月でもある
そして あの日からもうすぐ一年
いろんなことを振り返ったり 
これからのことにあれこれ想像を膨らませたりしながら
慌ただしく過ぎていきそうな 早くもそんな気がしている
友人のおつかいもので作った焼き菓子
中身はこんな感じに…とても喜んでもらえて嬉しかった♪
最近はなにかと『じぶんで!』な娘
あたらしい芽がどんどん顔を出し膨らんでいく日々
父親の姿が目に入ると反射的に?!絵本を持って追い回す娘
どんなに疲れていても忙しくても せがまれると断れない夫
そのあたりは私よりよっぽどサービスがいいです◎
そうそう 春からの保育園も無事に決まってホッとひと安心
ルームシューズ(?)として活躍中だったこちらも やっと晴れの舞台に
よろしく頼みますよ〜!そして娘よガンバレ〜!!
9歳の姪っコが描いたパンを捏ねる叔母^^
週末の雛祭りで会う時には色を着けてくれる予定…楽しみ♪
身軽になったらもっともっとたくさん焼きたいな
もりもりもりもり…これまた楽しみ☆


日々 comments(7) -
ほろにがハート
いそいそと みんなが寝静まったなら…
こっそりと 秘密の甘〜いレシピでこねこねコネコネ…
朝にはふっくらふくらんで
つやつや生地のできあがり
鼻歌まじりでハート型♡ドキドキしながら焼いたなら…
ぎゃっ!君たち土偶??
焼く前はこんなにキュートだったのに〜
それでもお味は最高ヨ♪

ダンナさん 息子くん じーじへ
愛を込めてほろ苦ショコラパンくるみ入り〜



- comments(4) -
つつんだり ぬったり
うちのごはんにはいつも小豆がゴロゴロと混ざっているけれど
小豆といえばあんこ あんこといえば…
あんぱん!
カボチャのもちもち生地で粒あんをつつむ

ごくごく控えめな甘さ×つぶつぶがしっかりなあんこで
なんだかあんぱんと豆パンの間の子みたいだった◎
冬はあんこが恋しいネ〜また焼こう
これはアイスのようだけどバターです
あくまでもバターを味わうためのパン
しかと脇役に徹してもらいます

お手伝い大好きな人たち
料理上手な男子に育ってもらいたい…モテるぞ!
作った食べた comments(0) -
のびのびがんばる
こないだ遊びに来た友人が引き菓子をオーダーしてくれる
おめでたい機会にご一緒させてもらえるなんて
とってもうれしくて しあわせなコト…ありがとー!
さっそく あれこれ焼いては試作に励む…
いろんな思いが詰まって いつになく気合が入るわ…
でも「のびのびと作ってほしい」と言ってくれたので
肩のチカラを抜きつつ しっかりガンバルよ〜!


作った食べた comments(0) -
| 1/14 | >>